稲葉直彦とは


略歴

1960年東京生まれ。大学卒業後、富士ゼロックス株式会社にて法人営業、プロダクトマーケティングを担当。1990年代後半、社会がアナログからデジタルに移行していく端境期に、アナログコピー機をカラー化、ネットワーク化した複合機のプロダクトマーケティング全般(商品企画から市場導入、販売促進まで)を担当。2000年より複合機の提案営業力育成の企画推進責任者として独自開発の提案営業手法をプログラム化。国内及びアジアパシフィック圏の営業組織に展開。

約10年かけて複合機業界の営業の在り方に少なからず何某かの影響を与えたと自負している。その後、マーケティング企画室長を歴任。メーカーとして、製造と販売が一体で、お客様への価値提供にイノベーションを起こすプロジェクトを推進。

2015年に55歳で33年間勤めた愛着のある会社を早期退職。株式会社コーポレートウェルネスを設立し代表取締役に就任。長年のマーケティングやマネジメントの経験から、「高い士気とたゆまざる努力で、イノベーションを起こし続ける組織づくり」の必要性を痛感し、企業向けのサービス開発と提供を開始。

同年、米国・国際コーチング連盟・日本支部(ICFジャパン)理事に就任。世界標準のコーチングを日本に届け、「コーチング」を社会の共通言語にする活動を開始。

2020年、世界平和と個人の幸福をコーチングで繋ぐことを標榜する米国・国際コーチング連盟のビジョンに改めて共感。「人の成長と組織の成長の両立を図れる組織作り」こそが、自分が生涯かけて取り組む使命であることに肚に落ちする。

同年、一般社団法人日本経営士会に参加。外部連携委員として、経営コンサルタントとプロコーチの架け橋を模索し始めている。

同年、組織・職場でありがちな様々な人と組織の問題解決方法を人財育成、組織開発、マネジメント、リーダーシップ、マーケティングなどの専門家を招き自身がインタビューして解明する動画セミナーをコンテンツ配信(無料)するサービスの提供を開始。(2021年春までに100コンテンツの配信を計画)

資格

  • 経営管理学修士(MBA) 立教大学大学院修了
  • 米国・国際コーチング連盟認定コーチ(ACC) 
  • 一社)日本経営士会認定 経営士

メンバーシップ

  • 米国・国際コーチング連盟 本部正会員
  • 米国・国際コーチング連盟 日本支部 理事
  • 一社)日本経営士会 外部連携委員